高齢者の要介護リスク
ロコモ、フレイル、サルコペニアの概要
高齢者の要介護の要因となる、ロコモ、フレイル、サルコペニア。健康寿命延伸のためにこれらの取り組みが進められています。
共通点の多いこの3つについて整理しました。

1.ロコモ
ロコモティブシンドローム(locomotive syndrome:運動器症候群)の略称。
2007年に日本整形外科学会が運動器の障害による移動機能の低下した状態を表す新しい言葉として提唱した概念です。運動器とは、骨・関節・靱帯、脊椎・脊髄、筋肉・腱、末梢神経など、体を支え、動かす役割をする器官の総称です。ロコモは運動器の機能不全のみならず、要介護リスクが高まった状態をさします。

ロコモ度 ※判定項目にひとつでもあてはまる場合に判定します。

ロコモ度1 ①どちらか一方の片脚で40cmの高さから立ち上がれない
②2ステップ値が1.3未満
③質問票ロコモ25の結果が7点以上
ロコモ度2 ①どちらか一方の片脚で20cmの高さから立ち上がれない
②2ステップ値が1.1未満
③質問票ロコモ25の結果が16点以上

※ロコモチャレンジ推進協議会 公式HP「ロコモオンライン」より

2.フレイル
老年医学の分野で使用される「Frailty(虚弱)」に対する新しい日本語訳と概念として、2014年に日本老年医学会が「フレイルに関するステートメント」を発表しました。
フレイルは、高齢期に生理的予備能力が低下することでストレスに対する脆弱性が亢進し、生活機能障害、要介護状態、死亡などの転帰に陥りやすい状態で、身体的問題のみならず、認知機能障害やうつなどの精神・心理的問題、独居や経済的困窮などの社会的問題を含む概念です。早期に発見し、適切な介入により生活機能の維持・向上が期待されます。
フレイルの定義や診断基準は統一されていません。

Friedの基準 ※3項目以上該当するとフレイル、1~2項目の場合にはプレフレイルと判断します。

①体重減少

意図しない年間4.5kgまたは5%以上の体重減少

②疲れやすい

何をするのも面倒だと週に3~4日以上感じる

③歩行速度の低下

④握力の低下

⑤身体活動量の低下

Fried LP, et al.: Frailty in older adults: evidence for a phenotype. J Gerontol A Biol Sci Med Sci 56(3): M146-156, 2001

3.サルコペニア
サルコペニアは、ギリシャ語の筋肉「sarx」と喪失「penia」を合わせた造語で、1989年Rosenbergにより提唱されました。2010年にEWGSOP(European Working Group on Sarcopenia in Older People)が、サルコペニアは進行性および全身性に認められる骨格筋量および骨格筋力の低下であり、身体的障害やQOL低下、死のリスクを伴う老年性症候群と定義しました。
2014年にAWGS(Asian Working Group for Sarcopenia)がアジア人向けの診断基準を提唱しました。7つの研究グループがあり、診断基準が異なりますが、日本においてはAWGSの診断基準が推奨されます。2016年にICD-10(国際疾病分類)に登録され、疾患として認識されました。

AWGSによるサルコペニアの診断基準 ※①に加えて、②と③のいずれかまたは両方を満たすもの

①筋力量の低下

男性:7.0 kg/m2未満 女性:5.7 kg/m2未満(BIA)、5.4 kg/m2未満(DXA)

②筋力の低下

握力 男性:26kg未満 女性:18kg未満

③身体能力の低下

歩行速度:0.8 m/秒以下

BIA:bioelectric impedance analysis DXA:dual energy X-ray absorptiometry
Chen LK, Liu LK, Woo J, Assantachai P, Auyeung TW, Bahyah KS, et al.: Sarcopenia in Asia: consensus report of the Asian Working Group for Sarcopenia.
J Am Med ir Assoc 2014; 15: 95-101.

サルコペニア肥満

サルコペニアと肥満もしくは体脂肪の増加を同時に有する状態ですが、確立された定義や診断基準はありません。

サルコペニアと摂食嚥下障害

サルコペニアと摂食嚥下障害に関するエビデンスの構築を目的として、2019年に日本摂食嚥下リハビリテーション学会、日本サルコペニア・フレイル学会、日本リハビリテーション栄養学会、日本嚥下医学会の4学会合同ポジションペーパーが発表されました。

「低栄養とリハビリテーション」